安い費用で利用ができる老人ホーム|ASP介護ソフトの利便性

女性

事務作業の負担を下げる

PCを操作する人

介護の現場で大きな負担となるのが、国保連請求に関する業務です。介護を受ける人の多くは、国民健康保険を利用して料金の支払いを行ないます。割り引いた介護の利用額は、国保連へと請求するものです。しかし、この国保連への請求は、厳正な審査に基づいて行なわれるものであるため、書類作成は慎重に行なわなければならないのです。数値の計算間違いだけではなく、書類形式でのミスや内容の記述が不明瞭である項目が見つかった場合は、すぐに国保連から請求書を返されてしまいます。介護士として働く多くの人は、こうした事務作業を行なうだけでなく、入所している介護者の仕事も行なわなければなりません。国保連請求に手間取っていれば、業務自体も滞ってしまうでしょう。こうした状況で利用ができるのが、国保連中央介護伝送ソフトです。国保連の中央会へデータとして請求書を伝送することができるので、国保連中央介護伝送ソフトを用いることで業務負担を大きく軽減できます。

国保連中央介護伝送ソフトは、導入することで国保連請求書を紙で作成するよりも格段に早く請求書を作成できます。書類の作成形式などもすでに定められているので、レセプトの計算や介護をした内容などを入力するだけで請求書を作成できます。パソコンでの入力であるため、計算間違いもなく正確に作成できます。また、作成したデータはそのまま国保連の中央会へと送付ができるので、わざわざ郵便局まで行く必要もないのです。国保連中央介護伝送ソフトを導入すれば、事務に関する業務を簡単に行なえるようになります。介護士の負担軽減は介護サービスの質を向上させることにも繋がるので、導入すれば結果としてより多くの介護者が利用してくれるようになるでしょう。